スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    わんこと遊ぶ、とっても楽しいひと時(*^▽^*)@140726

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般
       
      自宅はペット禁止なのですが、彼氏の実家ではワンちゃんを飼っていて、その時にいっぱいワンちゃんと戯れてきましたラブラブ

      ワンちゃんは2匹いて、マルチーズのお父さんと、シーズーのお母さんから生まれました。

      だから“マルシーズー”と言うそうです。

      男の子の方は「大ちゃん」。
      大ちゃん

      人見知りが激しくて、なかなか懐いてくれませんショック!

      逆に人懐っこいのが「夢ちゃん」。
      夢ちゃん

      お腹をなでなでされるのが大好きですラブラブ
      くつろぎ中

      大ちゃんはいつもそっぽを向かれちゃうので、夢ちゃんと遊んで癒されてきました。

      ワンちゃんと戯れるのって、とても楽しいものですね音譜

      早くワンちゃんが飼えるおうちに引っ越したいです。


      ↓ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。

      にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村

       blogramで人気ブログを分析

       PVランキング
      posted by: MYU | お出掛け | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      戦艦「三笠」で改めて思った平和維持の大切さ

      0

        先日、横須賀しょうぶ園で菖蒲を愛でてきました。

        横須賀菖蒲園

        菖蒲の花

        そして近いから、ということで寄った三笠公園

        そこにある記念館「三笠」を何の予備知識もなく観覧することにした私は、観覧してみてとても衝撃を受けました。

        前にも横にもたくさんの大砲が並び、大砲を撃つところを再現したジオラマと、その際に発せられたであろう発射指揮の号令の声を聞き、大量の大砲が実際に使われていたということを実感し、恐ろしくなったのです。

        大きな大砲

        大砲を撃つ場面

        展示室となった部屋には戦死した人たちの遺影や手紙が並び、若くして生きることを閉ざされたその人たちの無念を思いました。

        戦艦三笠は日露戦争で使われたそうです。

        日露戦争」、歴史の教科書で名前を知っている程度だったその戦争が、そこにはリアルに存在していて、深く知らずに通り過ぎていた自分を恥ずかしく思いました。

        戦争は恐ろしいから二度としてはならないと思っていましたが、実際に戦争で使われた戦艦を見たことで、戦争の恐ろしさというのは自分が思っていた以上のものだと気付きました。

        そして、戦争を二度としないことの大切さ、それを強く思ったのです。 憲法第9条の「戦争の放棄」の大切さを噛み締めました。

        日本人は平和を維持するために、そして悲しみを繰り返さないためにも憲法第9条をしっかりと守っていかねばならないと切に思います。


        ↓ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。

        にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村

         blogramで人気ブログを分析

         PVランキング
        posted by: MYU | お出掛け | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

        鎌倉散歩4 〜若宮大路でお店を覗いたりおみやげを買ったりして鶴岡八幡宮にお参り〜

        0
          JUGEMテーマ:鎌倉

          鎌倉駅に戻ってきて、鶴岡八幡宮に行きたかったので、若宮大路を通って行きました。
          若宮大路は神奈川県鎌倉市の由比ヶ浜(滑川交差点)から鶴岡八幡宮に通じる参道で、同市の目抜き通りの一つです。
           
          1182年(養和2年)源頼朝が妻・政子の安産祈願のため造られました。
          京都(平安京)の朱雀大路を参考にして、鎌倉の都市計画の中心軸と位置づけられていたそうです。
           
          そこに行くにあたって、通った所にあった“鎌倉ニュージャーマン”というお店で彼おススメのお菓子、“かまくらカスター”を買いました。
          鎌倉ニュージャーマン
           
          ふんわりと軽いスポンジのなかに、やさしい甘さのカスタードクリームがたっぷり詰まったカスタードのかまくらカスターはふわふわで甘さもちょうど良く、とても美味しかったです。
          甘いものって幸せになれますよね!!
          かまくらカスター 
           
          そして鎌倉のお土産の定番、“鳩サブレー”を買いに、豊島屋本店に行きました。
          ここで売っている、鳩の形をした落雁“小鳩豆楽”がとっても美味しいんです。
          豊島屋本店 

          鳩サブレーは本店限定の箱に入ったものを購入しました。
          普通は黄色い箱に鳩のマークが描いてありますが、限定品は本店の絵が描かれています。
          鳩サブレー 
           
          横側の絵までこだわってあって、とても楽しいパッケージです。
          ここでしか買えない、っていうのがいいですよね。
          鳩サブレー鳩サブレー 
           
          彼的にはいかにも観光客に見える黄色い鳩の紙袋を持っているのが地元民としてのプライドに触るようでしたが、私はお構いなし、って感じで喜んで観光客気分を味わっていました。
          鳩サブレー 
           
          たくさんのお土産屋さんが並んでおり、ちょくちょく覗いては売られている品物を見て楽しみました。
          手ぬぐいの専門店が結構ありました。
           
          目に付いたのが洗顔石鹸専門店のお店です。
          見た目からしてインパクト大です。
          洗顔石鹸専門店 
           
          ここではこんにゃくを使ったプルプルのお饅頭みたいな石鹸が売られていました。
          試しに使ってみると、プルプルなのですが、ちゃんと手をこすると泡立つんです。
          こんにゃく石鹸 
           
          こういうのもお土産に向いているなあ、と思いました。
          ホント楽しいです、鎌倉。
           
          そして小腹が空いたので、“腸詰屋”のソーセージを購入です。
          腸詰屋若宮大路 
           
          私は辛いチョリソーというソーセージを、彼はパセリのソーセージを買いました。
          チョリソー 
           
          焼き立てで、肉汁が詰まっていて、頬張るとめっちゃ厚い肉汁が溢れ出てとっても美味しかったです。
          辛さはそんなに感じなかったかな。
           
          彼のパセリのも食べさせてもらいましたが、全然味が違っていて、こちらもすごく美味しかったです。
          ソーセージの美味しさを再確認できた、そんな感じでした。
          ソーセージ
           
          それにしても“腸詰屋”は鎌倉に3店舗できたようです。
          どこもお客さんがいっぱいでした。
           
          私たちが行ったのは“腸詰屋若宮大路”ですが、その他に鎌倉駅西口と八幡宮前にも店舗があります。
          このまま行くともっと店舗が増えそうな気もします。
           
          そして鶴岡八幡宮に到着です。
          もう夕方になっていたので、出店は閉めている最中でした。
           
          やはり気になるのが銀杏の木です。
          樹齢800年以上といわれた鶴岡八幡宮のご神木の大銀杏が、強風で倒れてから4年が経ちました。
           
          切り株は今もその大きさを物語っていますが、やはり死んでしまった木、という感じでちょっと悲しかったです。
          大銀杏の切り株 
           
          大銀杏の圧倒的な大きさがすごく大好きだったので、倒れてしまった、と聞いた時はすごくショックでした
          でも、今は残った根から奇跡的に芽吹いた若木が成長して、すくすくと育っていて、ちょっと心が和みました。
          大銀杏の若木 
           
          階段を登ってお参りをして、鶴岡八幡宮を後にしました。
          小町通りを通っていろんなお店を眺めながら駅に向かい、江ノ電で稲村ヶ崎駅に戻りました。
           
          時間は5時過ぎ。
          予定よりも時間が経ってしまっていて、パーク&ライドに含まれる駐車時間を超過してしまったので、追加の料金を払って駐車場を出ました。
           
          帰りは渋滞で行きの倍くらい時間がかかってしまいました。
          途中、交通事故の現場を見てしまい、血を流して倒れている人を見て、ショックを受けてしまいました。
           
          交通事故、怖いですね。
          幸い亡くなってはいないようでしたが…。
           
          家に帰り着く頃には夕飯の時間になっているので、途中で夕飯を済ませることにしました。
           
          続く→。





          blogram投票ボタン  

          人気ブログランキングへ 

          ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
          posted by: MYU | お出掛け | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

          鎌倉散歩3 〜鎌倉文学館に咲くたくさんのバラを鑑賞〜

          0
            JUGEMテーマ:鎌倉

            鎌倉文学館にある庭園でたくさんのバラを楽しみました。
            こんなにもバラに種類があるのか、とびっくりしました。
             
            バラに付いている名前も素敵なものから奇抜なものまでいろいろあり、バラの名前を見るのもとても面白かったです。
            コンサートを聴いた場所にあったバラの名前は“アンジェラ”。
            アンジェラ 
             
            ピンクの花がいっぱい付いたこのバラは“由比小町”。
            由比小町 
             
            他にもたくさんのバラが咲いていて、「これもバラなの!?」っていうものもたくさんありました。
            一重の花から何層にも花びらが付いたものまで、花の形は多様で、また、色もいろいろでした。
             
            下に見たバラの写真を紹介します。
            あまりにも多いので、名前は記憶できませんでした。
             
             
            バラと言えばまずは赤いバラを想像しますよね。
            でも品種的にはピンクのバラが一番多い様です。
             
             
            バラの色は赤、ピンク、オレンジ、黄色、青、黒とあります。
            青いバラは作るのが難しいとされていましたよね。
             
            それはバラが青の色素をつくる遺伝子を持っていないからです。
            それなので、青いバラは育種家たちがいくら品種改良を繰り返しても 永遠に真っ青なバラは作れないのです。
             
            しかしながら、近年の遺伝子組み換え技術の進歩によって サントリーが世界で初めて、花びらに青い色素を持つ「青いバラ」をつくることに成功しました。
            だけど青い色素が入っているバラ、であって、「青いバラ」のイメージとはちょっと違って薄い紫色のバラです。
            サントリー ブルーローズ アプローズ 
             
            これは「紫色のバラ」であって、「青いバラ」じゃないなあ、と思いませんか?
            ではもっと真っ青の「青いバラ」はできないのか、というと、まだ時間がかかりそうな感じです。
             
            でも、ちょっと偽物ですが、真っ青なバラもあります。
            それはまだ蕾の白バラに、特殊染料を吸わせて青いバラを作るのです。
             
            すごく綺麗な青をしたバラの完成です。
            でも、茎や葉っぱまでも青色がついてしまうので、「青+緑」でちょっと黒っぽい茎や葉っぱになっちゃいます。
            青いバラ 
             
            あと何年後かにはもしかしたら偽物ではない青空の様な綺麗な青いバラが誕生するかもしれません。
            青いバラを作る事に挑戦し続ける、そこに意味があるのかなあ、と思います。
             
            それにしてもバラって本当に美しいですね。
            自分でも育てたくなっちゃいました。
             
            でもけっこう大変そうなので見るだけでいいかな、とも思ったり。
            とにかく鎌倉文学館のバラ祭りはとても良かったです。
             
            そして鎌倉文学館を後にし、また鎌倉駅に戻るため、今度は江ノ電の由比ガ浜駅から電車に乗って鎌倉駅に向かいました。
             
            続く→。





            blogram投票ボタン  

            人気ブログランキングへ 

            ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
            posted by: MYU | お出掛け | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

            鎌倉散歩2 〜鎌倉文学館でのローズガーデンコンサート〜

            0
              JUGEMテーマ:鎌倉

              小町通りで散策の後、急いで鎌倉文学館に向かいました。
              彼は住んでいただけあって、鎌倉の道にも詳しくて、彼に先導されてテクテクと鎌倉文学館まで歩いたのでした。
               
              途中、魅力的なお店もいっぱいありつつも、覗いている時間がなくてスルーし、残念に思いながらも急いで鎌倉文学館に向かいました。
               
              鎌倉文学館は鎌倉ゆかりの文学者の直筆原稿や手紙、愛用品などを収集保存 し、展示しています。
              広い庭があり、昨日は“バラ祭り”の期間中で、バラを楽しもう、と訪れました。
               
              石が敷かれた道を登っていくと、鎌倉文学館の入口があります。
              観覧料は400円でしたが、精神障害者保健福祉手帳を持っている私と、その付き添い人の彼は無料で入ることができました。
              鎌倉文学館入口 
               
              木が生い茂って涼しく、トンネルをくぐって登って行きました。
              トンネル 

              すると昔は別荘として使われていたという、鎌倉文学館がありました。
              鎌倉文学館
               
              昨日は“ローズガーデンコンサート”が開催される日で、始まる時間ギリギリになんとかコンサート会場に到着しました。
              席はほぼ埋まっていて、端っこの席に座りました。
               
              炎天下、日陰もない場所にベンチがいっぱい置いてあって、そこでの鑑賞です。
              かなり暑かったですが、彼が買ってきてくれた冷たいコーヒードリンクでなんとか凌ぎました。
               
              12時半からの回では“ライトハウスアンサンブル”というグループの演奏でした。
              プログラムは、
               
              M.ムソルグスキー:展覧会の絵(promenade
              W.A モーツァルト:ティベルティメント第一番ニ長調K.136より第1楽章
              J.ブラームス:ハンガリー舞曲第5番ト短調
              A.ヴィバルディ:協奏曲集「四季」より「春」
              D.ショスタコビッチ:ジャズ組曲第2番より第2ワルツ
              A.J,ウェッバー:オペラ座の怪人(The Phantom of opera)
              J.オッフェンバック:喜歌劇「天国と地獄」より「カンカン」
               
              でした。
              座っていた位置があまり良くなかったので、演奏者がよく見えませんでしたが、生演奏はとても楽しかったです。
               
              最後に「明日へ」復興支援ソング「花は咲く」を演奏し、みんなで歌いました。
              オカリナで演奏したことはあるものの、歌うのは初めてで、こんな歌詞だったのかあ、と確かめながら歌いました。
               
              そして終わってからバラの庭園へ行き、バラを楽しみました。
              (次の記事に書きます。)
               
              14時から2回目の“ローズガーデンコンサート”が始まるので、バラを一通り鑑賞後、またコンサート会場に向かいました。
              今度の演奏は“自由が丘クインテット”です。
               
              自由が丘クインテット”は慶應義塾ワグネルソサイエティオーケストラの卒業生6名で結成された金管五十奏団だそうです。
              慶応義塾大学の卒業生、ということで、頭もいいんだろうなあ、なんて思いました。
               
              プログラムは、
               
              作曲者不明:「吟遊詩人の歌」による「ソナタ」
              楽器紹介 〜金管楽器の響き〜
              ヘンデル:オンブラマイフ
              作曲者不明:アメージンググレイス
              リチャード・ロジャース、オスカー・ハマースタイン鏡ぁА屮汽Ε鵐疋ブミュージック」よりサウンドオブミュージック、エーデルワイス
              日本唱歌メドレーより「夏」
              久石譲「となりのトトロ」メドレー
               
              でした。
               
              楽器の紹介が特に興味深かったです。
              ホルンって右手をベルの中に入れて吹くんですね。
              知らなかったので、新しい発見でした。
               
              曲は親しみ深い曲が多くて楽しかったです。
              やっぱり炎天下で聴くのは辛かったですが、二回目はちゃんといい席をゲットして、正面から演奏を聴けたので、より楽しく聴く事ができました。
               
              そのあと、鎌倉文学館の中に入って展示されている資料などを見ました。
              鎌倉周辺ってほんと文学に携わる人が多かったんだなあ、と思いました。
               
              手書きの原稿とか見ると、パソコンのない時代は大変だったろうな、と思ったり。
              でも今でも手書きで書く作家さんも多いですよね。
               
              原稿、という形に残るものにする方が、あとあと残っていいな、とは思います。
              でもやっぱり自分が書く、となるとパソコンのほうが便利かなあ、と思ってしまいます。
               
              便利な世の中がいいのか悪いのか、ちょっと考えちゃいました。
              鎌倉文学館で資料を一通り見た後は、またバラ庭園に行ってもう一度バラを見て、由比ガ浜駅から江ノ電で鎌倉に向かいました。
               
              続く→。




              blogram投票ボタン  

              人気ブログランキングへ 

              ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
              posted by: MYU | お出掛け | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

              鎌倉散歩1 〜小町通りで散策して食べ歩きとかお店を覗いたりとか〜

              0
                JUGEMテーマ:鎌倉

                昨日は鎌倉に行ってきました。
                彼が鎌倉が大好きで、住んでいたこともあるぐらいで、その鎌倉の「鎌倉文学館」という場所でバラ祭りが行われているのを見ようと行ってきました。
                 
                車で行き、稲村ヶ崎で“稲村ガ崎パーク&レールライドというのを利用しました。
                稲村ガ崎の駐車場に車を駐車して、江ノ電を使って鎌倉を巡るのです。
                 
                車の中ではサザンオールスターズのアルバムを聞いて行きました。
                湘南と言えばサザンですよね!!
                サザンオールスターズ
                 
                稲村ガ崎パーク&レールライド”は自動車1台あたり1,800円で6時間分の駐車料金と江ノ電全線(藤沢駅〜鎌倉駅)1日乗り降りフリー切符2枚がもらえるシステムです。
                いつもこれを利用して車で鎌倉には出掛けています。
                 
                行ったのが日曜日なので、湘南の海も人で賑わっており、駐車場が空いているか心配になりつつ行ったのですが、午前10時すぎぐらいに着いた時、数台まだ空いていたので良かったです。
                 
                駐車して、徒歩2分ほどのところにある稲村ヶ崎駅へ。
                稲村ガ崎駅 
                 
                そこから江ノ電でまず鎌倉に向かいました。
                日曜日で晴天ということもあり、江ノ電は満員電車並みの混み具合でした。
                 
                鎌倉に着き、まずは小町通りを散策しながらお腹を満たす事にしました。
                小町通りは私が鎌倉で一番大好きな場所です。
                 
                昔からあるのにいつも新しい発見があります。
                お店もちょこちょこ変わるので、新しいお店を見付けるのも楽しいです。
                 
                まずはいつも行くジブリグッズのお店、“どんぐり共和国”へ。
                フロアが倍になっていてびっくりしました。
                どんぐり共和国 
                 
                今までは地下だけだったのに、地上にもお店の売り場が増えていました。
                この前行った時にあったNHKのグッズのお店は一体いつ潰れたのか…??
                 
                ジブリグッズをいろいろ見て、今度これとこれを買おうかな、と思いつつ、先へ進む事に。
                いろんなお店があって楽しいので、どこも寄りたくなっちゃいます。
                 
                そして見付けたオカリナのお店。
                オカリナハウス 
                 
                ここのお店で扱っているオカリナは一般的なオカリナと形が全然違います。
                一般的に親しまれているのがイタリア式オカリナなのに対し、バランス式オカリナという卵型のオカリナなんです。
                バランス式オカリナ 
                 
                試しに吹かせてもらったのですが、とても柔らかい音がしていい音色でした。
                動物型のオカリナなどもあり、すごく欲しくなっちゃいました。
                 
                でもまだまだ一般的なオカリナも上手く吹きこなせないので、新しいオカリナ購入はまだ、と我慢しました。
                それにしても動物のオカリナはすごく可愛かったです。
                 
                “鎌倉びーどろ”というお店ではたくさんのガラス細工の動物たちがあって、それもまたすごく可愛くて魅力的でした。
                きっとすごく手先の器用な人が作っているのだろうなあ、と勝手に想像しました。
                鎌倉びーどろ 
                 
                小さくて可愛くて、全部買い占めたくなるほどの魅力!!
                見ているだけでもすごく楽しめました。
                 
                暑くて喉が渇いたので、店先で氷に冷やされて売っていた“馬路村 ゆず&蜂蜜ジュース ごっくん”というのを買うことにしました。
                馬路村 ゆず&蜂蜜ジュース ごっくん

                冷たいジュースはゆずの香りがすごく爽やかで、とても美味しかったです。
                馬路村 ゆず&蜂蜜ジュース ごっくん 
                 
                買ったお店は“井上蒲鉾店 亀善”というかまぼこ屋さんです。
                かまぼこも美味しいようですが、今回はそれには目もくれず、ジュースを買っちゃいました。
                今度行った時はかまぼこもきちんと見てみようと思います。
                 
                そして“和茶坊 鎌倉 さくらの 夢見屋”でお団子を買いました。
                和茶坊 鎌倉 さくらの 夢見屋 
                 
                いろんな種類があって迷いましたが、一番美味しそうだったいちご餡のを買いました。
                いちご餡 
                 
                フレッシュないちごが乗っていて、餡にフレッシュないちごの果汁が合わさり、とても美味しいお団子でした。
                そして暑いのでやはり冷たいアイスとかソフトクリームが食べたい気分になりました。
                 
                いろんなお店で売っていたので、どのお店で買おうか迷ったのですが、“ごま福堂”というごま専門店のごまのソフトクリームを買いました。
                ごま福堂

                杵つき金ごまがふんだんにかけられたごまのソフトクリームは風味も最高だし、味もとても香ばしくて美味しくて良かったです。
                ごまソフトクリーム 
                 
                そして“鎌倉 まめや”へ。
                ここは絶対に立ち寄る大好きなお店です。
                鎌倉 まめや 
                 
                いろんな味付けをされたお豆が美味しいお店で、試食がたくさん出きるのもすごくいいです。
                いろいろ試食して、美味しさに痺れて、「最高!!」と言いたくなります。
                 
                いろんな味があるし、小さめの袋入りなので、お土産にするには最適なお菓子だと思います。
                暑い季節になっていたので、私の大好きなチョコレート系のおまめはチョコが溶けちゃうからか、売ってなくて残念でした。
                 
                テクテク歩き、ちょっと道を入ったところにある“鎌倉 露西亜亭”でピロシキを購入しました。
                鎌倉 露西亜亭 
                 
                出来たてのピロシキはすごく美味しかったです。
                それにしても、昔はすっごい人が並んでいて、買えない事もあったのに、今はあまり人がいなくて寂しくなっちゃっていました。
                ピロシキ
                 
                小町通りは昔からずっとあるお店もありますが、けっこうお店の入れ替わりが多いので、このお店は大丈夫かな?とちょっと心配になっちゃいました。
                これから先も美味しいピロシキを提供していってほしいと思います。
                 
                そしてまたまた暑いので冷たい飲み物が欲しくなって、“江ノ島鎌倉サイダー”というのを買いました。
                江ノ島鎌倉サイダー 
                 
                鎌倉ビールも一緒に売っており、彼が購入したので、店員さんは最初ビールを買うものだと思った様ですが、彼はお酒、飲めないんですよね。
                それでサイダーを買い、一緒に飲みました。
                 
                冷たい炭酸のジュースはとても美味しく感じました。
                それにしても、ジュースの瓶に書かれているキャラクターが謎だなあ、と思ったのでした。
                 
                買ったのは“鎌倉点心”という豚まんのお店。
                ここの豚まんは以前、人力車をやっている方が美味しいとオススメしていて買った事があります。
                鎌倉点心 
                 
                でも今回は暑いし、お腹もけっこういっぱいになっちゃっていたので、豚まんはスルーさせていただきました。
                だけど機会があったら豚まんを今度は食べたいです。
                 
                そして小町通りも終わり、大通りにつながる所にあったのがひもの屋さんの“山安”というお店です。
                美味しそうな干物が店内にたくさん売っていました。
                山安 
                 
                ここでは嬉しいことに炭火焼で試食ができるんです。
                私はイカを焼いて食べましたが、とっても美味しかったです。
                炭火焼
                 
                太っ腹なお店だなあ、と思いました。
                イカ以外にもアジやサバなんかもありました。
                試食 
                 
                ゆっくり散策していたら、意外と時間が経ってしまい、鎌倉文学館で行われる“ローズガーデンコンサート”が始まる時間が迫っていました。
                そこで歩いて鎌倉文学館へ向かいました。
                 
                続く→。





                blogram投票ボタン  

                人気ブログランキングへ 

                ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
                posted by: MYU | お出掛け | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                超絶パフォーマンスに目が釘付け!!“ハンスはハイリ〜どっちもどっち?!”を観てきました!!

                0
                  JUGEMテーマ:イベント情報

                  昨日は池袋にある東京芸術劇場プレイハウスにて“ハンスはハイリ〜どっちもどっち?!”というパフォーマンスを観てきました。
                  プレイハウス 
                   
                  ダンサーのマルタン・ズィメルマンとミュージシャンのディミトリ・ド・ペロの2人組の最新作は、サーカス・アーティストやダンサーたち5人とともに繰り広げるスイス時計のように緻密なスペクタクルです。
                  舞台上に出現するのは、4つに仕切られた回転する巨大な箱です。
                   
                  天井が床になり、床が天井になり、はたまた部屋がナナメになっても、上が下でも、右が左でもどっちもどっち?!と言わんばかりに、重力に翻弄されながら天地無用、縦横無尽に駆けめぐります。
                  ダンスとアクロバットとサーカスが融合した、ほのぼのとユーモラスな超絶パフォーマンスです。
                  ハンスはハイリ〜どっちもどっち 
                   
                  最初は音楽から始まり、超絶的な体の軟らかさの女性が出てきます。
                  体をすごい方向にくねらせながら動いたり、小さな箱に入ったり。
                  その超人的な体にびっくりでした。
                   
                  そして大きな4つに仕切られた箱の登場です。
                  そこには小さな四角がいくつもあります。
                  6人の登場人物がそれぞれ箱の中に入ったり出たり。
                  大きな箱
                   
                  でも重力を考えると逆さまに立っていたり、逆さまの机に座っていたり。
                  すごく不思議でした。
                   
                  また、回転する箱の端っこにつかまって、ぐるぐる回転する箱にぶら下がる女性もすごかったです。
                  ぶら下がりながら腕を曲げて体を引っ張り上げたりして、腕の筋肉、どんだけあるんだろう!?とこれまた驚きました。
                   
                  くるくる回る大きな箱から6人が出たり入ったり、突如消えたり。
                  一時も目が離せない面白さでした。
                   
                  ほとんど音楽のみのパフォーマンスでしたが、出演者の一人の男性が「いじわるつ」と連発して発言している場面は可笑しかったです。
                  甲高くて細い声で繰り返される「いじわるつ」っという日本語に、お客さんは笑っていました。
                   
                  “ハンスはハイリ”というこのパフォーマンスのタイトルは、スイスの言い回しで「どっちもどっち、大差ない」という意味だそうです。
                  世界がひっくり返って壁が天井になっても“ハンスはハイリ”なのです。
                   
                  超絶的なパフォーマンスに惹きつけられ、時間の経つのを忘れるほどでした。
                  大きな箱の構造からして不思議でしたが、パフォーマーの人たちの優れたパフォーマンスも不思議なものでした。
                  どうやったらそうなるの!?的な。
                   
                  日々の練習の成果だと思われますが、本当にすごかったです。
                  こういうのは初めて観ましたが、とても面白くて、見終わっても興奮がなかなか冷めませんでした。
                   
                  プレイハウスを出た後はカナダの劇団コープスによるライブパフォーマンスも見ました。
                  これは田舎の羊牧場を再現したもので、人間が羊に扮して羊の真似をするパフォーマンスです。
                   
                  鳴き声、動きはリアルで、それに乳が出たり、おしっこしたりも!!
                  本物の羊が自由気ままに過ごしている雰囲気をよく表していました。
                  ひつじ 
                   
                  牧場の主が登場するのですが、乳をバケツに絞ったあと、プラスチックのコップにくんで数人の子供たちにあげていました。
                  あれは本当に羊の乳!?それともただの白い液体!?もしかして牛乳!?
                  真相は不明です。
                   
                  とてもシュールな作品でしたが、楽しく観させてもらいました。
                  小さな子供でも楽しめたと思います。
                   
                  “ハンスはハイリ”、“ひつじ”は共に「TACT/FESTIVAL 2014」という、5月3日から11日まで行われたイベントの一環でした。
                  このフェスティバルは子供たちはもちろん、大人も楽しむことのできる海外の上質なパフォーマンスを招いて上演するものだったそうです。
                  しかも5年目とのこと。
                   
                  こんなフェスティバルがあることを初めて知ったのですが、本当に楽しいパフォーマンスが観れてとても気分が明るくなりました。
                  人の心に明かりを灯してくれる、素敵なパフォーマンスでした。
                   
                  来年もまた、機会があれば行ってみたいです。
                  とても満足できた、楽しい一日でした。




                  blogram投票ボタン  

                  人気ブログランキングへ 

                  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
                  posted by: MYU | お出掛け | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                  横須賀しょうぶ園にて“ふじまつり”を楽しむ 〜珍しい藤もたくさん!!〜

                  0
                    JUGEMテーマ:イベント情報

                    昨日は神奈川県横須賀市にある「横須賀しょうぶ園」にて“ふじまつり”を楽しんできました。
                    “ふじまつり”は4月26日に始まり、5月6日まで行っています。
                    横須賀しょうぶ園 
                     
                    今回は車で行きました。
                    鎌倉を通ってきたのですが、鎌倉は観光客で溢れていました。
                     
                    駐車場は早めに行ったので空いていて、すぐ駐めることができました。
                    駐車代は1時間310円で、以後30分ごとに150円です。
                     
                    入園時は自動券販機で入園券を買います。
                    大人は4月〜6月は310円、小・中学生は100円です。
                    身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている方及びその付添人1名までは入園料が半額になります。
                    自動券販機 
                     
                    早速券を買い、入園しました。
                    入園するとすぐ両横で豆大福やパウンドケーキなどのお菓子を売っていました。
                    出店 
                     
                    まずは目に付いた押し花体験をやることにしました。
                    押し花になったいろいろな綺麗な花をピンセットでつまみ、はがきにレイアウトしていきます。
                    押し花体験 
                     
                    そして出来上がった私の作品が下のものです。
                    とてもいい記念になりました。
                    出来た作品 
                     
                    そして次に小腹も空いたので「よこすか関口牧場」のソフトクリームを購入しました。
                    ソフトクリームを食べるのは何年ぶりかわからないくらいだったので、久し振りのソフトクリームはとても美味しかったです。
                    ソフトクリーム 
                     
                    マイルドで甘すぎず、なめらかで冷たいのですがその日は暑かったのでパクパクと食べれちゃいました。
                    美味しいソフトクリームに感動でした。
                     
                    それから庭園を楽しむため、散策を開始しました。
                    まず目に付いたのが水車です。
                    水車 
                     
                    日本庭園の一角にあり、風情のある水車が回っていました。
                    なんだかとても和む風景でした。
                     
                    ここは名前にもある通り、しょうぶがメインの庭園なのですが、しょうぶの時期は5月下旬からで、今はまだ葉っぱだけの状態でした。
                    たくさんのしょうぶが植えられており、緑色の景色が綺麗でした。
                    しょうぶ苑 
                     
                    さて、昨日は“ふじまつり”に来たので藤を見ないまま終わるわけにはいきません。
                    そこでふじ苑へ向かいまいした。
                    ちょっと高いところにあるふじ苑は遠目から見てもたくさんの藤が咲き誇っていました。
                    遠くから眺めたふじ苑 
                     
                    そして行ってみると藤の木がいっぱいありました。
                    一般的に親しまれている藤棚ではなく、藤の木が枝を伸ばして上や横に藤の花を咲かせているんです。
                    藤の木  
                     
                    その見慣れぬ藤の光景に目を奪われました。
                    藤ってこういう風に咲くのか、と驚きました。
                     
                    そして藤の中にはこんなにも長く花が垂れ下がったものもありました。
                    どれくらいの長さになるのか、私の身長以上あるので150センチは超えてると思います。
                    長い藤の花 
                     
                    中には珍しい白い藤も咲き誇っていました。
                    普通、藤と言うと紫色の花を思い浮かべますが、白い色もあるんですね。
                    白い藤 
                     
                    それにもっと珍しいのかもしれませんが、ピンク色の藤もありました。
                    とても可愛らしい藤だと思いました。
                    ピンク色の藤 
                     
                    立派な藤棚もありました。
                    とても綺麗に咲いていて、きっとすごくお手入れが大変なんだろうな、と思いました。
                    藤棚 
                     
                    小道を歩いていると至る所にいろんな花が咲いています。
                    私は花には詳しくないので何という花なのか、名前は分かりませんが、咲いている花を見ては心を癒されました。
                    いろんな花 

                    いろんな花

                    いろんな花
                     
                    小さな花が群生して咲いているのが多かったのですが、中にはこんな大きな見事な花も咲いていました。
                    鮮やかで美しい花です。
                    大きな赤い花 
                     
                    「八重黒龍藤」と言う、ちょっと変わった藤もありました。
                    花びらが八重になっている藤です。
                    八重黒龍藤 

                    八重黒龍藤
                     
                    何故かヤシの木も1本だけありました。
                    黄色い花を咲かせていました。
                    ヤシの木 
                     
                    藤の木の周りには蜂がたくさん飛んでいました。
                    どの蜂も大きくてお尻が大きいのです。
                    私はあんまり気にしないで花の写真を撮ったりしていたのですが、彼がかなり怖がっていました。
                     
                    この蜂はスズメバチらしいです。
                    庭園にある建物にスズメバチの巣が飾られていました。
                    スズメバチの巣 
                     
                    大きいスズメバチの巣、迫力ありました。
                    こんな巣を作れちゃうのはすごいですね。
                     
                    調べてみるとスズメバチはかなり危険な蜂だそうで、強力な毒を持つものが多く、他者への攻撃性も高い非常に危険な蜂だということです。
                    あまり近付かないのがいいようです。
                     
                    でもスズメバチがいないと受粉がされないので、藤の花が咲いているところに蜂がいること自体は自然なことです。
                    人はスズメバチを刺激しないように気を付けながら藤の花を鑑賞したり写真を撮ったりしなければいけないんですね。
                     
                    藤以外の花でも群生して咲いているものがいくつかありました。
                    白い綺麗な花たち。
                    白い綺麗な花たち 
                     
                    黄色いこの群生した花たちは「キモッコウバラ」というバラの一種です。
                    モッコウバラが変種した、八重咲きの黄色いバラだそうです。
                    キモッコウバラ 
                     
                    これがバラ!?と圧巻されました。
                    知っているバラとは全然違うし、こんなバラもあるのか、と初めて知りました。
                     
                    ぼたんの花も見事でした。
                    濃い赤のぼたんはエキゾチックな感じがしました。
                    濃い赤のぼたん 
                     
                    ピンク色のぼたんは2種類が咲いており、それぞれとても綺麗でした。
                    ぼたんにはこれまで開発・作出された多くの品種、様々な色があるそうで、一体どれだけの種類のぼたんがあるのかは不明みたいです。
                    ピンク色のぼたん 

                    ピンク色のぼたん
                     
                    一通りふじ苑を見て周り、下に降りていくとしょうぶ苑で作業されている方達がいました。
                    覗いてみるとしょうぶの周りに生えている雑草を取り除いていました。
                    雑草を取り除く人たち 
                     
                    こんな大きなしょうぶ苑の雑草取りを手作業でやるとはとても大変だろうな、と思いました。
                    雑草が除去されたところはきれいにしょうぶだけになっており、まだ作業前のところは背の低い雑草が生い茂っており、雑草を手作業で丁寧に取り除いていっていることがよく分かりました。
                     
                    散策路には立派な松の木や、いろんな小さな花たちが咲き誇っている場所もあったりして、見ていて飽きませんでした。
                    松の木 

                    道脇に咲く花
                     
                    一通り見終わり、入口近くまで戻ってくると、花壇には綺麗に植えられた花々が咲いていました。
                    横須賀しょうぶ園、とっても広いので、これだけきちんと隅々まで手入れが行き渡っているのは凄いことだな、と思いました。
                    花壇の花 
                     
                    出店しているお店に「池嶋とうふ店」というお豆腐屋さんがあり、お豆腐スイーツが売っていてちょっと甘いものが食べたくなっちゃったので、豆乳プリンを買って食べました。
                    豆腐店の出店 

                    豆乳プリン
                     
                    プリンを食べるとまさに無調整の豆乳の味がするのですが、プルプルで、底に入っているシロップと絡めて食べるととっても美味しかったです。
                    甘いものって人を幸せにしてくれますよね。
                     
                    そしてすっかりご満悦となり、藤もとても堪能できたので帰宅することにしました。
                    駐車場の脇には赤と白のつつじが綺麗に咲いていました。
                    赤いつつじ 

                    白いつつじ
                     
                    花をこんなにも見て楽しんだことは初めてで、とっても気持ち良かったです。
                    心も癒され、花って素晴らしいなあ、と改めて思いました。
                     
                    帰りは渋滞に巻き込まれて運転する彼にしんどい思いをさせてしまいましたが、とても充実した一日でした。
                    人工のアトラクションを楽しむのもいいですが、こういう風に自然に触れることもすごく楽しく、素敵な事なんだな、と思いました。
                     
                    横須賀しょうぶ園の“ふじまつり”は5月6日まで開催されています。
                    もしも興味を持たれた方は行ってみてはいかがでしょうか?
                    とても素敵な日が過ごせると思います。





                    blogram投票ボタン  

                    人気ブログランキングへ 

                    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
                    posted by: MYU | お出掛け | 10:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

                    続☆“日米親善春祭り2014”@厚木基地に行ってきました!!

                    0
                      JUGEMテーマ:イベント情報

                      帰ろうとしていたところ、「車両火災デモンストレーション」がもうすぐ行われることを知り、それを見ることにしました。
                      実際の車両火災の消火訓練の様子を見ることができる、との事でした。
                       
                      錆びた車の模型があり、脇にアメリカ人っぽい人形が倒れていました。
                      時間になると煙が上がり、炎が現れました。
                      車両火災デモンストレーション 
                       
                      すぐに後ろ側から赤い消防車が現れ、3人の消防士が消火活動を行いました。
                      人を助けつつ、消火活動を行うのですが、なかなか炎は消えません。
                      車両火災デモンストレーション 
                       
                      そして火が弱まった頃、一気に近づいて放水して火が消し止められました。
                      車両火災デモンストレーション 
                       
                      間近で見た大きな炎と消化の水の勢いに圧倒され、とても迫力を感じました。
                      消防士さんたちは日々ああいった訓練をしているんだな、と思いました。
                       
                      そしてテクテクと帰りの方向へ歩き、夕飯にピザを買って帰ることにしました。
                      そのピザとは“Anthony's Pizza”です。
                      Anthonys Pizza 
                       
                      ピザを買うには長蛇の列に並ばねばなりませんでした。
                      それは“Anthony's Pizza”は米軍基地でしか日本では売っていないからなのです。
                       
                      だから普通の日本人は基地の開放日にしか買うことができないので長蛇の列となってしまうのです。
                      ピザならどこででも手に入る日本ですが、アメリカの味のピザは現地でしか調達できないから“Anthony's Pizza”が人気なのはよく分かります。
                       
                      お店を見てみると大量のピザの箱が積まれていました。
                      でもどんどん売れていきます。
                      ピザの箱山積み 
                       
                      種類はペパロニピザ、チーズピザ、ソーセージピザ、コンビネーションピザの4種類で、あとは日本からは撤退してしまって食べることのできないダンキンドーナツのドーナツ詰め合わせも売っていました。
                       
                      2つとも日本では米軍基地でしか食べれない味です。
                      なが〜い列に並んでも買いたくなりますよね。
                       
                      並んでから買うまでに時間がかかるので、彼に並んでいてもらい、私は行ってなかった広場へと行きました。
                      ここにはステージがあり、バンドなどの演奏があったり、アメリカンフードのお店がたくさん出ていたりしました。
                      ステージ 
                       
                      アメリカンフードのお店はどこも長蛇の列でした。
                      お肉を焼いたのとかがとても美味しいいのですが、もう並ぶ気力もなく、お腹も空いていなかったので見物だけして戻りました。
                      アメリカンフード 
                       
                      小さい広場では子供用の空気でできた遊具がありました。
                      子供たちはとても楽しそうに滑ったりして遊んでいましたが、中には親とはぐれちゃって大泣きしている子供もいました。
                      遊具 

                      恐竜の遊具
                       
                      そして一通り見た後、ピザの列に戻り、順番待ちをし、コンビネーションピザを買って帰宅しました。
                      もう、足が痛くて痛くて、歩くのがしんどかったです。
                       
                      続く→。



                      blogram投票ボタン  

                      人気ブログランキングへ 

                      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
                      posted by: MYU | お出掛け | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                      続2☆“日米親善春祭り2014”@厚木基地に行ってきました!!

                      0
                        JUGEMテーマ:イベント情報

                        昨日はとても良い天気だったので、日焼けには注意しました。
                        日焼け止めを塗っていったのですが、途中でもう一度塗り直しました。
                         
                        帰宅後、彼の腕にはくっきりと日焼けの跡が出来ていました。
                        Tシャツ焼けで、Tシャツの袖の部分までは白いのですが、腕が真っ赤に日焼けしていました。
                        日焼けした腕
                         
                        顔も同様に日焼けしていて鼻がかなり赤くなっていました。
                        私はきちんと強力な日やけ止めを使っていたため、そういう被害は出ませんでしたが、日焼け止めを塗らないとこうなっちゃうんだ!!ってびっくりでした。
                         
                        夜の7時頃、夕飯を食べることにしました。
                        夕飯は米軍基地の“Anthony's Pizza”で買ったコンビネーションピザです。
                        Anthonys Pizza 
                         
                        ふたを開けるとぎっしり具の乗った、食べごたえがありそうなピザの登場です。
                        コンビネーションピザ 
                         
                        1切れがとても大きいので2枚で満腹になりました。
                        生地は端っこのほうがかなり固く、噛むのに顎が疲れました。
                        一切れ 
                         
                        味付けは別に濃くはなく、ちょうど良い美味しさでした。
                        半分残ったので、次の日の朝食にしようと思い、ピザはしまいました。
                         
                        今回の“日米親善春祭り2014”では、機体の前や操縦席などで軍人の方と一緒に写真を撮ったりもたくさんでき、とても楽しく過ごせました。
                        去年のリベンジは果たせたと思います。
                         
                        ただ、朝の並ぶのが疲れました。
                        開場1時間前には行ったのに、それでも予想以上に人が並んでいて、もっと早く来なければいけないのか、と思いました。
                         
                        天気が良かったのはいいことですが、暑くて並んで待っているときはしんどかったです。
                        来年は日傘を用意したいと思います。
                         
                        でも充分楽しめて、最高でした。
                        来年も行きたいです。
                         
                        終わり。



                        blogram投票ボタン  

                        人気ブログランキングへ 

                        ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
                        posted by: MYU | お出掛け | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |