スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    みなとみらいでコンサートと朗読を楽しんだ“Harbor Sound”

    0
       
      陳建一の麻婆豆腐を堪能したあと、横浜美術館へ向かいました。
      横浜美術館のレクチャーホールで“Harbor Sound”という朗読とピアノのイベントを観に行ったからです。
      Harbor Sound

      行った時はまだ時間も速すぎて人がまばら。
      でも特にどこに行く当てもなかったのでソファーに座って待っていました。

      横浜美術館自体は何度か展覧会で観に来た事はあったのですが、レクチャーホールは初めてで、一体どんな感じの所なんだろう?と不思議に思っていました。
      そして待つこと約30分、ようやく中へ入れました。
      入ったら赤い座席が並ぶ小さな行動と言った感じで、イメージしていたものよりも整った印象を受けました。
      横浜美術館レクチャーホール

      朗読はまず亀井栄子さんの高村光太郎作の「智恵子抄」から始まりました。
      静かに音楽が流れ、山や空などの風景がスクリーンに映し出される中「智恵子抄」からの抜粋を亀井さんは朗読してくださりました。
      とても心のこもった朗読で、物語の中に引き込まれていく感じがし、高村光太郎の妻への愛情が深く伝わってきました。

      次は大塚穹さんというおじいさんの朗読で「イモの善右衛門」。
      これは水澤雪子さんという方の書いた昔話で、イモみたいな顔をした善右衛門が主役の物語です。
      朗読者の大塚さんは本当に昔話にぴったりな口調で話してくださり、どっぷりその世界観に浸かる事ができました。
      最後、ちょっと悲しくなる場面があったものの、最終的にはハッピーエンドで終わって素敵な話だったなあ、と思いました。
      大塚穹さんは1935年11月、大分県生まれで、日本大学芸術学部から九州朝日放送、人形劇団ひとみ座などを経て、現在はフリーで朗読の舞台を継続中だそう。
      神奈川県川崎市在住で、連絡すれば出張して朗読をして下さるようです。

      最後に語呂麻理子さんのピアノです。
      ヴェートーヴェンの創作主題による15の変奏曲とフーガ 作品35を演奏されました。
      今までの2人は朗読だったの最後は何故かクラシックのピアノで変な組み合わせだなああ、と思いつつもピアノの美しい音色に酔いしれていたらあっという間に時間が終わってしまいました。

      この日一日はいろいろやりましたがどれも楽しかったのですごく充実していて良かったと思います。
      久し振りにこんなに動き回ったなあ、と思いました。
      いろんな芸術の一端に触れることができ、すごくいい思い出の一日になりました。
      またこんな日が来るといいなあ、と思いました。


      blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

       にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村
      posted by: MYU | 読み聞かせ | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      お話の読み聞かせ 〜まだまだ見学中〜

      0

        今日は二度目の読み聞かせボランティア活動の見学に行ってきました。
        今回の場所は自治会館で、自動車文庫がやってくる時に同時に開催されるようになっています。
        なので雨天だと中止なんですよね。

        この地区の担当の読み聞かせの方は3人しかいなくて、お客さんの今日は子供も3人だけ。
        前回の図書館でやっていた時ははたくさんのベービーカーで連れられた赤ちゃんが来ていたのと対照的でした。
        やるからには沢山の人に聞いて欲しいよなあ、なんて思いました。

        今日来たのは小学校低学年の子供たち3人で、ひらがなもだいたい読めるから一緒に朗読してたのは楽しそうでした。
        でも子供ってなかなか言う事聞かないから大変そうだな、って思いました。
        子供は好きなんですが、何しろ慣れていないのでどう接したらいいのか悩んじゃうんですよね。

        最後に反省会と次回の予定を決める会議にも出させてもらったのですが、今度小学校で読み聞かせをするそうで、かなり大変そうなんです。
        絵本の読み聞かせとかなら文字を読みながらできるけど、お話を覚えて披露しなくちゃいけなくて、さらにお人形を紙の上で動かしていって紙芝居までやらなくちゃいけない。
        もちろん1人が朗読で、もう1人が動かす人、みたいな感じで分担はされてますが、かなり大変そうでした。


        それで次回は“ロバのロバちゃん”という絵本を、登場する動物達を紙人形にして動かしながら読み聞かせをするそうです。
        今日は練習を見せてもらいましたが、とっても大変そうでした。
        でもやりがいはありそうで楽しそうだな、って思いました。
         
        ロバみみのロバちゃん

        読み聞かせ後の反省会は時間がかなりかかったけれど、充実した時間が過ごせたと思います。
        いつか私も読み手側に立ってみたいものです。


        ブログランキング・にほんブログ村へ    人気ブログランキングへ 
         にほんブログ村
        posted by: MYU | 読み聞かせ | 19:53 | comments(0) | trackbacks(2) | - |