<< 千切りがちょっと大変だけど美味しい☆じゃが芋と人参のカレー炒め | main | 子供も食べやすい♪野菜たっぷりケチャップパスタ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    西村京太郎の「失踪」を読む

    0
      評価:
      西村 京太郎
      中央公論新社
      コメント:物語の流れがなんだか遅く感じて読んでいてちょっと退屈な気分になってしまう作品でした。

      西村京太郎と言う作家は有名ですが、私は今回初めて彼の作品を読みました。
      読んだ後の感想としては、なんかまどろっこしくて疲れたなあ、という感じでした。
      物語にスピード感がないというか、なんか面白い本ってどんどん先が気になって読み進めていっちゃうのに、それがない感じで。
      ストーリーが悪い訳じゃないんですけど、なんかテンポが悪いのかなあ?

      私立探偵が主人公で、その友人が刑事で、刑事の妻が失踪して、妻の部屋には見知らぬ女が殺されていた、と言うところから話は始まります。
       刑事は妻を必死で探しますが、身内が殺人事件に絡んでいるということで表立って捜査できず、私立探偵の友人を頼る訳です。

      物語の発想はダイナミックです。
      でも自分に当てはめてみたけれど、自分はその物語に出てくる女性達のような考え方ができなかったので、ちょっとやっぱり自分には合わない小説だったのかもしれません。
      でも一応読み始めたからにはちゃんと結末が知りたいので読みましたが。

      西村京太郎の作品は2時間ドラマでよくつかわれているようですね。
      きっと私も知らないうちに彼の作品を見ているんでしょうね。
      母が2時間ドラマ見るの好きなので、一緒によく見てたので。

      今回読んだ「失踪」は特に最後の犯人が捕まる所が出だしだけで終わってるのがかなり不満です。
      というか、捕まえようとしている所で終わってるんです。
      そこで物語をストップした方がまあ、きりがいいんでしょうけど、その先どうなったかみたいなのも書いて欲しかった、というのが本音です。

      なのでまあ、全然面白くない訳じゃないけれどあんまり好きになれなかったので☆3つの評価にしました。
      また機会があったら西村京太郎の別の作品も読んでみようと思います。
      そしてそれが面白いと感じられたらいいな、と思います。


      ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ    
       にほんブログ村
      posted by: MYU | 読書 | 20:58 | comments(0) | trackbacks(2) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 20:58 | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://everydays74.jugem.jp/trackback/1301
         
        2010/04/12 10:21 PM
        Posted by: -
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        2010/04/13 8:44 PM
        Posted by: -
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。