<< 緑黄色野菜と卵で栄養満点!!力みなぎる“ほうれん草と卵のポパイサラダ” | main | ただ炒めるよりも生姜によりさらに上の美味しさを目指した“鶏とキャベツの生姜風味甘辛炒め” >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    原子力発電所、恐怖の放射線飛散 命をかけて作業する人々への賛辞

    0
      震災で津波に飲まれた地域も大変ですが、福島の原発もすごく大変な惨事になっているようですね。
      原発の被害を最小限に食い止めようと努力している作業員の方々には頭の下がる思いです。
      だって自分は被曝しちゃうんですから。
      被曝を最小限に抑えるにしても命の危険を侵して作業していることには変わりないです。

      こんな事は普通できないですよね。
      私ならそういう命令が下ったら行くでしょうか?
      行きたくない、行きたくないけど多くの人々の命が関わっている。
      やっぱり私が行くしかない。
      そういう決意のもと、作業しているのだと思います。

      想定外の事故でどう対処したらいいのかも手探りの状態での作業ですから不安がすごく大きいと思います。
      地上から放水とポンプによる海水の炉心への給水活動をしているようです。
      ヘリからの放水は周辺の放射線の数値が高かったことから断念とのこと。
      でも対処しないでいればどんどん放射線が高まっていってしまう。

      「本当に最悪の事態になったら、東日本がつぶれる、ということも想定しなければならない」と菅直人首相は言ったそうですが、放射線が長い間放出され続けていれば汚染地域が広まって、その地域に住んでいた人は住めなくなる可能性があります。
      そんな事になったら…

      福島の原発を一刻も早く鎮めなければなりません。
      原発関係者の皆様には知恵を振り絞って対策を考えて頂きたいです。
      チェルノブイリ事故の様に放射線により汚染された地域がずっと立入禁止で放置されるような事態にはなって欲しくないです。

      でも私にはただ見守ることしかできません。
      自分の無力さを感じます。
      節電という、微力ではありますがその努力は惜しまず実行していきたいです。

      福島の原発事故が早く治まる事を願うばかりです。


      ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 
       にほんブログ村   
      posted by: MYU | 非日常 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 21:03 | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        トラックバック機能は終了しました。