<< 紫キャベツで作ったらえらい事に!!“紫キャベツとえびのマヨポン酢炒め” | main | にんにくの味がいい!!常備食としても活躍できる☆“菜っ葉としめじのナムル” >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    アニメ版“時をかける少女”を観て 〜素敵な思い出に残る青春時代〜

    0
      評価:
      筒井康隆
      角川エンタテインメント
      コメント:爽快感があって観た後気持ちが晴れる青春映画。

      2006年にアニメ化された“時をかける少女”のDVDをレンタルして観ました。
      タイムスリップをする映画だ、ということぐらいしか知識がなかったので、見ていてとても新鮮でした。

      どんな風に時をかけるのかと思ったら本当に勢いよく走ってタイムリープするのでそれが何だか可笑しかったです。
      タイムリープして時間が戻った所にいきなり転がって行くところとか笑えて楽しいです。

      男女の友情ってなかなか成立しないと思うのですが、主人公の真琴と千昭、功介はとても仲良しでキャッチボールとかして遊んでいるのが羨ましいなあ、と思いました。
      ちなみに私もキャッチボールをした事がありますが、全然遠くに投げられませんでした。
      キャッチボールにならない…。

      千昭に告白されてタイムリープしちゃったのは、真琴が3人でいつまでも仲良くキャッチボールをしたりしながら友情を育んでいきたいと思っていたからでしょう。
      その関係が壊れてしまうのが怖かったんだと思います。

      ところどころ出てくる「魔女おばさん」はとても良いキャラクターでした。
      真琴の事をよく理解しているし、迷っている真琴に「走って迎えにいくのがあなたでしょ。」と助言するところなんかは映画の大事なポイントですよね。

      青春を満喫しているとっても楽しそうな映画で、私もあんな風に青春したかったなあ、なんて思ったりもしました。
      私はあんまり高校時代、青春できなかったので。

      千昭が未来から来た人間で、未来の世界はすごく今とは違っている、という話が出ました。
      どんな世界なのか見てみたかったです。

      最後に千昭が「未来で待ってる」と言い、真琴が「すぐ行く。走って行く」という場面がありました。
      未来に帰ってしまう千昭。
      千昭に再び会いたいと思う真琴。

      でもきっとその想いはかなえられないんだろうなあ、って思いいました。
      千昭が生きている時代にはもう真琴はいないんじゃないかな、って思ったんです。

      切ない別れだったけど、真琴は前を突っ走って精一杯生きていくんだろうなあ。
      そして大事なあの絵を千昭がいる未来まで残すように頑張るのかな。

      好きな人同士が別れなくちゃいけない話なのでハッピーエンドでないのでちょっと悲しかったですが、素敵な青春映画だったと思います。
      それにとても面白かったです。
      青春、もう一度やり直したくなりました。


      ブログランキング・にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 
       にほんブログ村
      posted by: MYU | 映画 | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 07:44 | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://everydays74.jugem.jp/trackback/1823