<< マイルドな味わいのカレーヨーグルトの味にはまること間違いナシ!!”キャベツと赤パプリカのカレーヨーグルトサラダ” | main | 山田悠介の“レンタルチルドレン”を読んで・・・意味不明なラストが?? >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    DVD鑑賞「純喫茶磯辺」を観て

    0
      評価:
      ---
      メディアファクトリー
      コメント:和田聰宏さんと言う俳優さんが好きなので、その方の出演しているDVDなので観ました。ドタバタ劇でしたけど、とても面白かったです。和田聰宏さんの役柄がちょっと悲しくもありましたが…。

      JUGEMテーマ:映画
       
      私の好きな俳優の和田聰宏さんが出演していた為、観たかった映画のDVDをようやく観れました。
      雨上がりの宮迫がお父さんで、高校生の娘がいる設定。

      ハリセンボンの春菜が出ていていい味出してました。
      彼女の存在感はすごいですね。
      あれで20代には思えない…。

      高校生の娘は和田聰宏さんが演じる自称小説家に恋をするんですけど、和田聰宏さん、かっこいいなあ、と思いながら観てました。
      でも、高校生の娘を部屋にあげて新作を見せるといいつつ実は…、ってところはすごく怖かったです。

      まあ、知らない男性のおうちに一人で女性があがるのは危険だという事ですよね。
      それにしてもあんな役柄だとはびっくりしたなあ。

      この映画を観ていたら、こんな喫茶店に行ってみたくなりました。
      純喫茶ってまだあるのかな?
      純喫茶って酒類のメニューを扱っていない喫茶店の事らしいです。
      知らなかったなあ。

      カフェとは何か違うんですよね。
      なんかレトロな感じを受けます。

      親子は仲良しが一番!!
      人生いろいろあるけれど、前向きに生きようと思える楽しい作品でした。


      blogram投票ボタン  人気ブログランキングへ 

      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
      posted by: MYU | 映画 | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 09:51 | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        トラックバック機能は終了しました。