<< ピリリと辛い大人の味の“鶏肉と大根の柚子胡椒風味の甘辛煮” | main | 暑い日をより爽やかに過ごせる食べ物!!“ トマトときゅうりの冷製スープサラダ” >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    三浦しおん著の“舟を編む”を読んで 〜辞書作りにかける愛〜

    0
      評価:
      三浦 しをん
      光文社
      コメント:辞書って作るのがこんなに大変なんだ!!とびっくりすると共に、辞書作成に一生懸命な人達の姿に励まされる物語でした。

      JUGEMテーマ:読書
       
      三浦しおん著の“舟を編む”を読みました。
      2012年の本屋大賞で1位になった作品です。

      舞台は辞書を作る編集部。
      辞書に熱き心をささげる人達の物語です。

      「大渡海」という辞書を作ろうと決めたものの、なかなかOKが出ずに他の辞書の改訂をしたりして過ごす日々。
      ある編集者が定年になり、新しい社員を編集部に連れてきます。

      その社員の名字は「馬締」で「まじめ」と読みます。
      珍しい苗字ですよね。
      その名が表す如くとっても真面目な人でした。

      編集部の人間はとっても少なくて、編集部を退職した荒木さん、そして馬締、女性の佐々木さん、それから辞書の研究家の松本先生、それからちょっとチャラ男な西岡さん。
      どの人も個性的で魅力を感じます。

      それにしてもこの本を読んで辞書作りの大変さを思い知らされました。
      新しい言葉を耳にすれば即座にメモをし、意味を考えて記す。
      日常に溢れる言葉を常に吟味してるんです。

      新しく出来た言葉、古くなって使われなくなった言葉、よく知っている言葉でもあまり知られていない意味でも使われている言葉などなど、たくさんの言葉がこの本には溢れています。
      それを読むだけでも楽しいです。

      馬締の性格も面白いし、人間関係なども興味深く、辞書作りへの情熱がこんなにも熱いものなのかとびっくりさせられる部分もありました。
      今、辞書作りに携わっている人に尊敬の念を抱いてしまいます。

      この物語は大きく2つに分けられます。
      馬締が辞書編集部に配属されて間もない頃の物語、そしてそれから15年くらい後のお話の2つです。

      15年後の話では女性が新たに編集部に加わります。
      最初は自分には向かないと思っていた辞書作りが面白いな、と気持ちが変動していく過程は見ものです。

      15年も作ろうと努力してきた「大渡海」がようやく作られる事になりました。
      そんなに時間がかかるものなのか、とびっくりしました。

      そして15年の歳月は人を歳寄らせる、というのも思い知らされます。
      最初に出てきた当時から老人だった松本先生がより歳を取って…。

      最後、出来上がった辞書に読んでいる私も嬉しくなっちゃいました。
      様々なこだわりを盛り込んでできた辞書、すごいな、って。

      これは本当に読んでほしい作品です。
      辞書作りの大変さ、そして言葉の複雑さなど、いろいろと新しい発見が出来ます。

      最後、この本で心に残った言葉を記したいと思います。

      言葉はときとして無力だ。荒木さんや先生の奥さんがどんなに呼びかけても、先生の命をこの世につなぎとめることはできなかった。
      けれど、と馬締は思う。先生のすべてが失われたわけではない。言葉があるからこそ、一番大切なものが俺たちの心の中に残った。
      生命活動が終わっても、肉体が灰となっても。物理的な死を超えてなお、魂は生き続けることがあるのだと証すもの、-----先生の思い出が。
      (P257)

      人の心の中で死者は生き続ける、よく聞かれる言葉かもしれませんが、心に響く言葉でした。
      「死」は怖いです。
      誰にも死んでほしくない。

      でもいつかやってくる誰かの「死」。
      それに対して「思い出」という形で人は個々の中で生き続けるんですね。

      人生についても考えさせられる本でした。
      とても素晴らしい本です。
      皆さんも是非読んでみてください。




      blogram投票ボタン  

      人気ブログランキングへ 

      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
      posted by: MYU | 読書 | 15:11 | comments(0) | trackbacks(2) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 15:11 | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://everydays74.jugem.jp/trackback/2675
         
        2012/08/19 3:40 PM
        Posted by: トラブル解決無料相談センター
        インザライフ出会い系詐欺 返金ならあすなろ総合調査
        インザライフ/返金・解決お任せ下さい!出会い系詐欺 サクラ被害 詐欺返金 被害返金 詐欺被害 無料相談 あすなろ総合調査
        2015/10/06 4:12 PM
        Posted by: 粋な提案
        「舟を編む」三浦しをん
        玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山