<< “美しいバスト目指す”女性のためのサプリ“ロイヤルハニーアップ”を飲んでみました | main | スパイシーなカレーと甘いケチャップの相性がとっても良い☆“かぼちゃと豚肉のカレーケチャップ炒め” >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    辻村深月の“オーダーメイド殺人クラブ ”を読んで ※ネタばれあり

    0
      評価:
      辻村 深月
      集英社
      コメント:自分の「死」を演出する、という発想は斬新だと思いました。オーダーメイドしていかにインパクトある「死」になるか考えていく少女にはゾクっときました。

      JUGEMテーマ:読書
       
      辻村深月の“オーダーメイド殺人クラブ ”を読みました。
      中学2年生、悩み多き思春期の少女たち。

      主人公の小林アンは「リア充」な生活をしている女子でした。
      でも心の中は満たされず、少女である今、美しく死にたいと思っていました。

      その願望を、隣に座る冴えない「昆虫系」の徳川に託します。
      そしてどんな風に死にたいかなどを2人で話し合ったりして決めていくのです。

      「リア充」とは現実の生活が充実している生徒を指します。
      「昆虫系」はいけてないキャラモノ男子を指します。

      現代のリアルな中学生の生活が綿密に描かれていて、いじめの問題なども盛り込まれていて、けっこう読むには重たい話が多かったです。
      いじめで仲間外れにされたりとか、自分だったらどうなるだろう?と思いつつで読んで辛かった場面も多々ありました。

      アンは徳川に「私を殺してくれない?」と頼みます。
      それを承諾した徳川。

      「死」へのカウントダウンをしつつも日常の中学校生活はしていかなくちゃいけない所が辛いところだと感じました。
      仲間外れにされて一人孤立してしまっている学校に行くのは辛いものです。

      この物語では生徒をランク付けしています。
      カッコいい男子、いけてない男子、上の方にいる女子、下の方の女子、などです。

      そしてかっこいくて上位の男子や女子のみ交際が認められたり…。
      これが現代の中学校の様子なのかと思うと寒気がしました。

      オーダーメイドで殺人を決行する、それはすごい新しいアイデアで、確かに誰もやった事のないオリジナリティー溢れるものでした。
      だから結末がどうなるのか、とても気になって一気に読みました。

      そして・・・、最後ははっきり言ってがっかりでした。
      だってアンは死ななかったのですから。

      綿密に計画を立てて死への準備をしてきたにもかかわらず、最後の最後で取りやめになってしまうなんてつまらない。
      せっかく期待したのに裏切られた思いでした。

      アンの「死」がどう扱われるかを期待して読んでいたので、死ななかった事はつまらなさを増幅させました。
      せっかくのオーダーメイド殺人が行われなかった…。

      そういう形で終わった事が残念に思います。
      まあ、もし「死」んだらそれを真似する人が出てくるかも、とかいう事も考えたりしたのかもしれませんが…。

      とにかく結末はがっかりでした。
      なんだ、普通のただの女子中学生だったって事じゃん、と飽き飽きしてしまいました。

      今まで読んできた緊張感は何だったんだろう?と思うほど、最後は円満に終わります。
      「つまらない結末」を与えられて、せっかくの高揚していた気持ちはガクッと下がりました。

      だからおススメの☆マークは3つです。
      途中までは重々しいけどリアルな中学生の生活が描かれていて面白いけれど、結末は×。
      そんな本でした。




      blogram投票ボタン  

      人気ブログランキングへ 

      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
      posted by: MYU | 読書 | 16:13 | comments(1) | trackbacks(1) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 16:13 | - | - | - |
        コメント
         
        2014/06/13 2:31 PM
        Posted by: 藍色
        先が気になって足早に読んでしまいました。
        清々しい気持ちで読み終えることが出来ました。

        トラックバックさせていただきました。
        トラックバックお待ちしていますね。









        トラックバック
         
        http://everydays74.jugem.jp/trackback/3054
         
        2014/06/13 2:29 PM
        Posted by: 粋な提案
        「オーダーメイド殺人クラブ」辻村深月
        中学二年のふたりが計画する「悲劇」の行方。 親の無理解、友人との関係に閉塞感を抱く「リア充」少女の小林アン。普通の中学生とは違う「特別な存在」となるために、同級生の「昆虫系」男子、徳川に自分が被害者となる殺人事件を依頼する。 中学二年生という狭い世界