<< ちょっと和風な美味しいサラダ☆“ツナとキャベツのチーズ大葉サラダ” | main | “Beauty Power コラーゲンゼリー”を一箱試してみて >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    三崎亜記の“決起! コロヨシ2”を読んで 〜どんどん面白くなっていくストーリー〜

    0
      評価:
      三崎 亜記
      角川書店(角川グループパブリッシング)
      コメント:掃除がスポーツという設定がまず面白い。そして三崎亜記ワールドは独特で最高です。

      JUGEMテーマ:読書

      月曜日頃からずっと体調が悪くて寝込んでいます。
      どこにも出掛けず、布団にもぐったままです。

      夜になると体調も落ち着いてきて起きていられるのですが、夕飯を作れるほどには回復せず…。
      体がとても重たく、気分も落ちています。

      明日、精神科の診療なので先生に相談してみようと思っています。
      体調が悪いのがどこから来るのか、精神的な問題なのかどうなのか・・・。 

      なので料理のブログが書けなくて残念です。
      ブログを見に来ていただいている方にも申し訳ないです。

      何もできないでいるのですが、本は読んだりできています。
      なので昨日読み終わった三崎亜記の“決起! コロヨシ2”の感想を書いてみようかと思います。

      この本の世界では掃除が競技として成り立っています。
      そこからして面白い発想だな、と思うのですが、競技としての掃除はとても難しそうで、本を読みながらそれを想像するのが難しいです。

      これは映画にしたらとても面白いんじゃないかな、と思うのです。
      ほうきで塵芥を操る様子、是非実写で見てみたいものです。

      今回読んだ本は“コロヨシ!!”の続編です。
      なので先に“コロヨシ!!”を読んでから読むのをおススメします。

      スポーツと政治の駆け引きなど、難しい面もありつつ、掃除の魅力に引き込まれる作品です。
      自分もやってみたいなあ、と思いますが、想像上のスポーツなのであんな風にはいかないんだろうな、とは思いますが…。

      主人公の両親が掃除において重要な立ち位置にいる事はなんとなく想像できたので、想像通り!!とちょっと嬉しくなりましたが、想像できなかった部分も多々あり、へえ、こんな繋がりがあるんだ、とびっくりする部分もありました。

      「くつがえし」は確かに政治利用したら大変なことになるよなあ、と思ったり、この本における掃除って奥が深いなあ、と感心したり。
      掃除をそういう風に仕立て上げる三崎亜記の想像力はすごいな、と思ったり。

      とても想像力を駆り立てられる作品です。
      どんな場所なのか、どんな事が行われているのか、一生懸命頭で想像して楽しめます。

      掃除はもちろん、居留地の様子なども想像してみると楽しいです。
      三崎亜記の言葉からどれだけ想像力を発揮して自分で楽しめるかがこの作品の大きな楽しさだと思います。

      読み終わって、まだまだ続編がありそうなので、早く続編が出ないかなあ、と思いました。
      掃除をめぐる様々な出来事が面白くてたまらない作品です。

      三崎亜記ワールドにどっぷりつかりたい人は特におススメです。
      その想像力をたっぷり楽しめます。




      blogram投票ボタン  

      人気ブログランキングへ 

      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
      posted by: MYU | 読書 | 18:42 | comments(0) | trackbacks(1) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 18:42 | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://everydays74.jugem.jp/trackback/3230
         
        2015/08/04 2:29 PM
        Posted by: 粋な提案
        「コロヨシ2決起」三崎亜紀
        藤代樹はスポーツ「掃除」の全国大会で第三位の成績を収め、高校三年生で掃除部の主将となった。マイナー競技であった「掃除」への注目度が上がり、入部希望者も殺到。順風満帆な一年が始まるかと思われたのだが、校長の差し金で部費が半減、部室も奪われる。さらに、思