<< トマトの甘みとチーズのこくで美味しく食べれる☆“白菜と玉ねぎのトマトチーズ煮” | main | MYU作詞の“未来へと歩む道”が完成しました♪♪ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    江戸川乱歩賞受賞作 薬丸岳著“天使のナイフ”を読んで

    0
      評価:
      薬丸 岳
      講談社
      コメント:少年法は加害者の少年を守ってくれるが被害者の感情を無視している。ある日おこった悲惨な事件は実は奥深い恨みの結果だった…。最後まで読むとアッと驚く結末でした。

      JUGEMテーマ:読書

      第51回江戸川乱歩賞受賞作である薬丸岳著“天使のナイフ”を読んでみました。
      生後間もない赤ちゃんがいる家庭で、主婦が殺されるという痛ましい事件から物語は始まります。

      殺したのは中学生の少年たち。
      少年法により、加害者は名前も知られることもなく、少年院に送られたりして更生をさせようと大人たちは仕向けます。

      でも少年たちはそんな短い期間で更生されるわけではなく、実社会に何食わぬ顔で生きているのです。
      人を殺した過去はむしろ栄光の様に感じていたのかもしれません。

      被害者側から見ればたまったものじゃありません。
      何でそんなことがまかり通るのか、疑問に思ってしまいます。

      この物語は最初は重苦しい雰囲気が続いて読むのに疲れますが、だんだんといろんなことが判明するにつれて面白くなってきます。
      半分ほど読んだあたりからかなり面白くなってきて、一気に読んでしまいました。

      殺された主婦の過去が明らかになったり、その時殺害した少年がもう娑婆に出ていて全然更生してないで粋がっているのを目の当たりにした被害者の夫の憤りとかが伝わってきて、これがどう決着するのか、早く知りたくてどんどん読めちゃいました。

      最後はかなり複雑に終わります。
      こんなことが話に練り込まれていたとは!!とびっくりします。

      少年法が抱える問題点を真っ向から明らかにした作品です。
      今現在の少年法はこれで良いのか?疑問が出てきます。

      作品としては、ストーリーも凝っていて面白く、ミステリーであり、社会派小説でもある感じです。
      考えさせられることがいっぱいあり、一度は読んでみることをおススメしたい作品です。




      blogram投票ボタン  

      人気ブログランキングへ 

      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
      posted by: MYU | 読書 | 04:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 04:38 | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://everydays74.jugem.jp/trackback/3242