<< カットトマト缶で体温まる煮込み料理☆“鶏もも肉とキャベツのトマト煮込み” | main | 茹でて混ぜるだけで簡単美味しい♪♪“豚ともやしのごまチーズ和え” >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    舞茸と卵の相性ってなんていいの!!“舞茸とにらの卵とじ”

    0
      JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

      はるか昔は食品や書物などを守るために飼われていた猫も、今はその役目はほとんどなく人間に癒やしを与える存在として活躍しています。
      でも猫好きな人もいれば猫嫌いの人もいますから、猫も人間との接し方を学習しなければ面倒なことになるはずです。
       
      そこで猫はどの程度人間を見わけることができるかに迫ってみます。
       
      ■人間を判断する基準は聴覚、嗅覚、視覚
      猫は非常に耳が良い動物といわれていて、車の音を聞き分けて飼い主が帰宅する少し前から玄関前で待つ猫もいるほどです。
      室内で人間が歩く足音でも、家族の誰であるかを聞き分けているのです。
       
      嗅覚も優れており、飼い主が別の家の猫に触ってきたとわかればそれで嫉妬することもありますし、逆に興味を示すこともあります。
      また、女性の化粧品のニオイを嫌がる猫もいます。
       
      視力はそれほど良くはありませんが、遠くのものはあまり判断できないので、近距離で普段とは明らかに違う格好をしていれば驚いたり他の人と間違えたりするもあります。
       
      ■猫好き、猫嫌いの判断はできる?
      猫好き、猫嫌いの判断が猫にできているかどうかは難しいところですが、自分にとって危険な存在がそうでないかは判断ができます。
      これは雰囲気やそれまでの経験などが影響しているため、成猫であるほど敏感です。
       
      危険な存在であると判断するものの例としては、行動が怪しかったり猫にとって嫌なニオイがしたり(香水など)、大きな声や音を出したりするケースです。
      逆にこれらをせずに猫を怖がらせるような行動などをとらなければ、危険ではないと判断してくれるでしょう。
       
      ■猫好きには猫が寄ってくる
      猫好きな人は猫が安心できる要素が多いのか、比較的どの猫もなつきやすい傾向にあります。
      そのため猫の扱いに慣れている人は、散歩をしているとなんとなく外猫が近づいてきたり、猫を飼っている家に行くと猫が寄ってきたりすることもあります。
      猫と仲良くなりたい人は、まずは猫に好かれるような行動を心がけてみるといいですね。
       
      私も猫が大好きで、外出中に猫を見かけると寄って行ってみます。
      まあ、逃げられる場合が多いですが…。
      最近猫カフェに行っていないので、猫カフェで思う存分猫に癒されたい気分です。
       
      さて、昨日の夕飯の副菜は“舞茸とにらの卵とじ”でした。
      これがとっても美味しくて、倍量作っても良かったかも、と思えるくらいでした。
       
      作り方はとっても簡単です。
      舞茸はほぐします。
       
      にらは4センチくらいに切ります。
      卵は割りほぐします。
       
      フライパンに油を強火で熱し、舞茸を炒めます。
      しんなりしたらにらを入れてさっと炒め、溶き卵を回し入れてかき混ぜて炒めます。
       
      卵が固まったら醤油で味付けし、風味付けにごま油を加えてざっと混ぜたら器に盛って出来がりです。
      舞茸とにらの卵とじ 
       
      ぱぱっと出来ちゃう簡単な炒め物です。
      でも味は抜群です。
       
      どうしてこんなに美味しいんだろう?というくらい美味しくてパクパクと食べれちゃます。
      倍量作っても2人で消費できそうなくらい、美味しく出来上がりました。
       
      味付けは醤油だけとシンプルですが、舞茸の味、にらの味、卵の味がマッチして、美味しさに拍車をかけてくれています。
      舞茸ってもともと卵と合うから舞茸と卵の味噌汁がすごい好きなんですが、それにニラもプラスして料理するとこんなに美味しくなるんだ!!と感動しちゃいました。
       
      作り方もすごく簡単ですし、もう一品にもぴったりです。
      舞茸は手で割くだけで使えるのも楽でいいですよね。
       
      今回の主役の舞茸ですが、どんな栄養があるのでしょうか?
      舞茸はサルノコシカケ科のキノコで、独特の香りと歯ごたえが好まれて、日本では1975年頃から食用キノコとして人工栽培されています。
       
      舞茸には、タンパク質や糖質のほか、カリウムや鉄などのミネラル、ビタミンB群やビタミンD、食物繊維など豊富な栄養素が含まれています。
       
      舞茸の有効成分は、子実体(舞茸本体)に含まれるβ(ベータ)−グルカンです。
      このβ−グルカンを精製させると『MD−フラクション』という成分が得られます。
      このMD−フラクションに高い抗酸化力、免疫力を活性化する働きがあることが近年発見され、がんの発生・増殖を予防する成分として注目されています。
       
      さらに、舞茸には、含まれる栄養素により様々な健康効果があります。
      血圧の上昇を抑え高血圧を予防する、脂肪を分解・つきにくくさせ肥満予防に役立つ、便秘を改善し大腸がんを防ぐ、肝機能を活性化する、血糖値の上昇を抑え糖尿病を予防する、コレステロールを減少させ動脈効果や心筋梗塞を防ぐ、などたくさん挙げられます。
       
      生活習慣病(成人病)を効果的に予防し、なおかつ低カロリーでダイエットにも役立つ舞茸はぜひ日常的に摂りたいきのこの一つと言えますね。
      美味しいし、使い勝手もいいし、栄養も豊富でいいところいっぱいの舞茸、これからも料理に使っていきたいです。
       
      さて、最後に“舞茸とにらの卵とじ”の詳しい作り方の紹介です。
       
       
      《舞茸とにらの卵とじ》
       
      材料(2人分):舞茸 1パック にら 1/2束 サラダ油 小2
      卵 1個 醤油 小1 ごま油 小/2
       
      作り方:➀舞茸はほぐし、にらは4センチの長さに切る。卵は割りほぐす。
      ▲侫薀ぅ僖鵑北を熱し、強火で舞茸を炒める。しんなりしてきたら中火にし、ニラを入れて軽く炒める。
      M呂卵を回し入れ、ざっと炒めて卵が固まったら醤油を入れて混ぜ、火を止めてごま油を加えて混ぜ、器に盛って出来上がり。



      blogram投票ボタン  

      人気ブログランキングへ 

      にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村
      posted by: MYU | 夕飯 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 21:38 | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://everydays74.jugem.jp/trackback/3880