<< イージーヨーのお試しパック 『メーカー+スイートグリーク1袋 』でヨーグルト作りをやってみました | main | ほうれん草たっぷりで健康を手に入れよう!!“豚肉とほうれん草の豆乳クリーム炒め” >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    有栖川有栖の“高原のフーダニット”を読んで 〜ハマること間違いなしなシリーズもの!!〜

    0
      評価:
      有栖川 有栖
      徳間書店
      コメント:ミステリー作家、有栖川有栖の初の中編集。読み応えばっちりで面白いです。シリーズものなので、今までもう出ている本を片っ端から読みたくなりました。

      JUGEMテーマ:読書

      「有栖川有栖」という変わった名前の作家を知っていますか?
      推理小説の作家です。

      今回、初めてこの作家の作品を読んだのですが、これが結構面白い!!
      しかもシリーズものなので、シリーズ全作品が読みたくなりました。

      この作家はもしかしてナルシスト!?と思ったのですが、小説に自分が登場するんですよね。
      ちゃんと、ミステリー作家有栖川有栖として登場するんです。

      有栖川有栖の作品は大きく分けて臨床犯罪学者・火村英生が探偵のシリーズと、英都大学推理小説研究会の部長・江神二郎が探偵のシリーズの二つがあります。
      私が今回読んだのは火村の方です。

      一般に『作家アリス』シリーズ・『学生アリス』シリーズと呼ばれるこの2シリーズは、お互いにパラレルな世界であり、『作家アリス』に登場する有栖川有栖が『学生アリス』シリーズを執筆、『学生アリス』に登場する有栖川有栖が『作家アリス』シリーズを執筆しているという設定になっているんだとか。
      面白い設定ですよね。

      今回読んだ“高原のフーダニット”は初の中編小説集だそうで、3つの小説から成っています。
      どれも良く練られた作品で、犯人が誰なのか、ドキドキワクワクしながら読むことができました。

      最初の「オノコロ島ラプソディ」はトリックが面白かったです。
      ああ、確かにそんなことも出来るんだったなあ、と思った次第です。

      「ウソをつかない」事を信念とした元刑事の証言、アリバイとして有力ですよね。
      でもそれは裏を返せば自分に不利になることは話さなければいい、という事にも繋がるんですね。

      訊かれたら答えなければいけないが、訊かれなかったら答えなくてもいい。
      そこが盲点な小説でした。

      2つ目の「ミステリ夢十夜」は10個のショートショート、って感じです。
      10個の夢が収録されています。

      これは有栖川有栖の見る夢はこんな風だよ、という事らしいです。
      ミステリー作家の夢はやっぱりミステリーっぽいんですね。
      10個のどれもが面白かったです。

      そして最後の「高原のフーダニット」。
      「フーダニット」とは「Whodunit(誰がやったか)」という意味で、犯人探し小説、ひいては本格推理小説を意味するそうです。

      高原で民宿権喫茶店を経営するお店の名前が「風谷人」で「フーダニット」と読む事になっていて、経営者のミステリー好きが伺える名前になっています。

      事件では双子の一人が殺害され、その犯人は双子の片割れなのですが、自主することを決意して、以前お世話になった火村に電話をかけてきます。
      ですが次の日に死体となって見付かるのです。

      誰が殺したのか?
      高原の住民は騒然となります。

      疑わしい人物が数人いて、火村と有栖川は聞き込み調査などを行い、火村は犯人にたどり着きます。
      そしてそっと自主するように勧めるのです。

      それは双子の片割れの犯人が自首しようとして出来なかったから、せめてその彼を殺した犯人には自主してもらいたい、と思ったからの様でした。
      トリックを解く鍵になるメモとかも面白い形で見つかり、とても楽しめた小説でした。

      3つ読んでみてどれも面白く、もっと有栖川有栖の作品を読んでみたいと思いました。
      なかなか読書の時間の取れない毎日ですが、なんとか時間を確保して読みたいです。

      でも読み始めるとはまってしまって全部読むまで気が済まなくなって時間の経つのも忘れて読んじゃうのが心配です。
      他の事が何もできなくなっちゃいますから。
      まあ、寝込んでるよりかはずっといいかな、とは思いますけれど。

      いい作家と出会えて嬉しいです。
      これからどんどん有栖川有栖の作品を読んでいきたいです。




      blogram投票ボタン  

      人気ブログランキングへ 

      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
      posted by: MYU | 読書 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 19:41 | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://everydays74.jugem.jp/trackback/4050