<< ちょい辛い、彩り豊かな”ピーマンと赤パプリカのじゃこきんぴら” | main | ご飯と一緒に食べると超美味しい☆“ほうれん草と豆腐の和風カレーそぼろ” >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    シャキシャキのエノキの食感で美味しさup!!“鶏ひき肉のえのき大葉つくね”

    0
      JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

       9月3日は「音声訳入門講座」というものに参加してきました。

      第1回目でしたが、10名の方が集まり、聴講しました。

      自己紹介で私は盲導犬育成の施設に行ったことと、そこでは寄付が頼りの綱だけど、自分は寄付できるほどのお金はないので、ほかの方法で視覚障害者の方の手助けができたら、と思い、この講座を受講しました」ということを述べました。

      みなさん、受講理由はいろいろでしたが、誰しもが「誰かの役に立ちたい」との気持ちを抱いているのが感じられました。

      全盲の方のお話を聞いた際に、介助してくれる人は雇っている、という話があり、ボランティアじゃないんだな、ということを知りました。

      よく、視覚障害者の介助の講座の受講案内を見かけていたので、これはれっきとした仕事になるんだな、とそういうところにも興味を持ちました。

      白い杖を持った人が迷っていたら、やさしく声をかけられる人になれるようになりたいと思っています。


      さて、9月2日の夕飯の献立は“鶏ひき肉のえのき大葉つくね”、“ほうれん草と豆腐の和風カレーそぼろ”、“ピーマンと卵のコンソメスープ”でした。

      “鶏ひき肉のえのき大葉つくね”は鶏ひき肉、えのき、大葉を用いたつくねです。

      味付けは醤油、ごま油、生姜のすりおろしです。

      えのきは石づきを切り落として2センチの長さに切ります。

      大葉は千切りにします。 鶏ひき肉、えのき、大葉、醤油、ごま油、生姜のすりおろしを全て入れてよく練り、つくねのたねを作ります。

      12等分くらいがちょうどいい大きさかと思います。

      フライパンにサラダ油を熱し、円形にまとめたたねを並べていき、両面こんがりと焼き、中まで火を通します。

      皿に盛って、ポン酢と醤油を1:1で混ぜたたれでいただきました。

      鶏ひき肉のえのき大葉つくね

      生姜の風味、えのきのシャキシャキしたアクセント、大葉の香りなど、いいところがたくさんあるおいしいつくねになりました。

      たれはポン酢だけでもいいし、醤油だけでもいいし、混ぜてもいいし、お好きなように作ってください。

      また、そのまま食べても美味しいので、お弁当に入れるのにも向いています。

      ところで、つくねってハンバーグとどう違うのかな?と思ったこと、ありませんか?

      ハンバーグはひき肉(豚肉や牛肉、またはその他の畜肉等を含めたあわせ挽肉)に肉の粘りを出すための塩とタマネギ等の野菜類のみじん切りと胡椒等の香辛料を加え、パン粉を混ぜ、こね合わせたものを楕円形や円形などに整形して焼いた料理を指します。

      つくねは畜肉や鳥肉(まれに魚肉)などのすり身につなぎを加えて、練り合わせたり擂り合せて団子状や棒状に成形した食品です。

      つくねは細かくすり潰したり叩いた肉に、鶏卵や山芋やパン粉などのつなぎと生姜や塩や醤油などの調味料合を加え、擂り合せてだんご状や棒状に成形したもので、細かく刻んだネギや大葉やタマネギなどの野菜類や鶏軟骨を加えることもあります。

      そういう訳で、いまいち違いがはっきりしませんね。

      つくねの場合は肉は細かくすりつぶしたり叩いた肉を使い、ハンバーグはひき肉のまま使っているのが違いでしょうか?

      でも、つくねを作るときはたいてい鶏ひき肉を使いますよね。

      やっぱり分からない…。

      そこでいろいろ調べてみました。

      「ハンバーグ(ミートボールも含む)」はひき肉を練って調味したのち、成型して焼きます。 「

      つくね」という言葉を考えてみると、餅を搗(つ)くという意味の「搗く」と、「捏(こ)ねる」という言葉が合わさった「搗き捏ね」が「ツクネ」の語源だそうです。

      「つくね」の場合、材料を叩き潰してはさらに捏ねる、または擂り鉢で「粗いペースト状」にするという作業をしたものを指します。

      ハンバーグの生地は決してペースト状ではありませんし、ひき肉をすり鉢で摩るという作業もしません。

      細かく切り刻んだものを練り合わせるだけです。

      つまり、ハンバーグとつくねの違いっていうのは作業工程と仕上がりの粒子の粗さが違うということが言える、とのことでした。

      なるほど、分かったような気にはなれました。

      でもつくねも現在よく作られているものはすり鉢なんて使いませんよね。

      ハンバーグとつくねのボーダーラインがあいまいになっているのかもしれません。

      さて、最後に“鶏ひき肉のえのき大葉つくね”の詳しい材料の紹介です。

      《鶏ひき肉のえのき大葉つくね》

      材料(2人分):鶏ひき肉 300g えのき 1/2袋 大葉 10枚
      醤油 大2 ごま油 大1 生姜のすりおろし 小1
      サラダ油 適量 醤油、ポン酢 お好みで

      ↓ブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします。

      にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ  にほんブログ村

        blogramで人気ブログを分析

      家庭料理 ブログランキングへ 
      posted by: MYU | 夕飯 | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 13:16 | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://everydays74.jugem.jp/trackback/4152